ロリポップ:料金プランごとの機能説明一覧

NO IMAGE

ロリポップレンタルサーバースタンダードプラン機能評価と感想

スタンダードプランはこちらのホームページで実際に利用していますのでアクセス数データ等を記載していますGoogleではウェブマスターと呼ばれるサービスがあるのですが、そちらに ロリポップレンタルサーバー専門情報サイトも登録をしています。ウェブマスターでは以下のことがわかります。例として(1)Googleで検索した際にクリックされた数(2)Googleで検索した際の表示回数(3)Googleで検索した際にヒットしたページの順位

NO IMAGE

ロリポップレンタルサーバーライトプランの評価と表示速度等

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーのライトプランは月額300円でWordPress、EC-CUBE、Bootstrap、baserCMSの4つの自動インストールのご利用が可能になってきます。またデータベースMySQLバージョン5.6.1を1個ご利用が出来るようになります。共有SSL、独自SSLと呼ばれるサービス(クレジットカードの入力情報等を暗号化します)もご利用が出来るようになります。

NO IMAGE

ロリポップレンタルサーバーエコノミープランの評価と説明

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーのエコノミープランで利用が出来る機能・PHP ver5.6 ver7.1(CGI版)の利用が可能。PHP(CGI版)の場合はphp.iniの設定が可能・Perl ver5.10 の利用が可能(CGIの設置(オリジナル)の利用が可能) Image::Magickの利用が可能 SENDMAILの利用が可能CGIの権限(セキュリティの為にSUEXECを導入)SSI利用の際の制限(セキュリティの為にSUEXECを導入)・Ruby ver.1.9 ver.2.0の利用が可能(Ruby on Railsには対応しておりません)・Python ver.2.7 ver.3.4の利用が可能・cronの利用が可能 (5分間隔に1)・データベース SQLiteの利用が可能・・自動インストール baserCMSの利用が可能、Bootstrapの利用が可能