ロリポップレンタルサーバー評価 データベースの機能と説明




ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーの
データベースの機能評価と説明です

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーでご利用が出来るデータベースの手動作成と自動作成の違い、データべースのMySQLバージョン、ストレージエンジン、MySQLデータベースの容量についての説明をしています。

このページの内容について
(1)ロリポップレンタルサーバーのデータベースを操作する場合
(2)ロリポップレンタルサーバーのデータベースの仕様について知りたい場合
(3)ロリポップレンタルサーバーではデータベースを手動と新規自動で作成することが出来ます。その違いを知りたい場合

以下を目的とした方はこのページではありません
wordpressのデータを移しかえたい方、wordpressのバックアップを取りたい方へ
wordpressの記事などのデータをデータベースで操作をおこないダウンロードし他のレンタルサーバーなど別のwordpressに移し変えるといった方法も出来なくもないと思いますが、

もしwordpressのデータを他のレンタルサーバーに移し変えたい場合はこちらをご覧ください。ロリポップレンタルサーバーwordpressの(データ)移行方法、保存方法


データベースのサポートについてはどのレンタルサーバーも同様ですが
ロリポップレンタルサーバーでもサポートされていません。
しかしロリポップ!レンタルサーバーの場合、データベースに関する説明はあります。

ご利用が出来るデータベースについて

レンタルサーバーで利用が出来るデータベースはSQLiteとMySQLの2種類です

・SQLiteのバージョンは記載されていません
SQLiteはデータベースとしては軽量型

・MySQLのバージョンは5.6
MySQLはデータベースとしては主流 言語:utf-8(MySQL4.0はEUC-JP)
ライトプランで1個、スタンダードプランで30個、エンタープライズプランで100個まで
ご利用できます。phpMyAdminの利用が可能です。

SQLiteについてウィキペディアでの補足 サーバとしてではなくアプリケーションに組み込んで利用される軽量のデータベースである。 一般的なRDBMSに比べて大規模な仕事には不向きだが、中小規模ならば速度に遜色はない。

wordpressなどでデータベースSQliteを利用した方法があるようですが、インターネット上では10件ほどの投稿で重くなるといった内容の話があります。

MySQLについてウィキペディアでの補足 世界でもっとも普及しているオープンソースのRDBMSとして知られており市場シェアではPostgreSQLなどの他のオープンソース・データベースを圧倒している日本でも2009年になってPostgreSQLを超えるシェアを獲得している。初期のMySQLで文字コードのサポートが悪かったのが影響したが、現在はEUC、SJIS、多言語面を含むUTF-8などをサポートしている。

MySQLデータベースのストレージエンジンについて

ロリポップレンタルサーバーでご利用ができるMySQLのストレージエンジンではMyISAMとInnoDBがご利用できます。

この部分に関してですがロリポップレンタルサーバーのデータベースを

(1)ご自身でデータべースを作成する場合、
(2)インストール時にデータベースを新規作成で作成する場合

MyISAMとInnoDBの選択は出来ません。ただロリポップレンタルサーバー内でも記載がある内容です。ロリポップレンタルサーバーのwordpressの場合はInnoDBが利用されています。

MyISAMあらゆるアプリケーションに対応出来る
InnoDB検索が高速であり、更新よりも参照の頻度の高いWebアプリケーションなどで活用

MyISAMとInnDBについてウィキペディアでの補足 InnoDBストレージエンジンは、オープンソースソフトウェア企業のInnobase社が開発したストレージエンジンであり、高い堅牢性とMVCCによる高い並列性を兼ね備えており、あらゆるアプリケーションに対応出来る人気のストレージエンジンとなっている。InnoDBはメディア障害時の更新ログによるリカバリもサポートしている。

また、InnoDB登場以前から搭載されているMyISAMストレージエンジンも検索が高速であり、更新よりも参照の頻度の高いWebアプリケーションなどで活用されている。全文検索が利用できるのも、MyISAMの利点である。

以前はMyISAMの方が高速であると言われることが多かったが、InnoDBの性能改善が進んだことから、高速性を求めるためにMyISAMを利用するということも減ってきている。

MySQLデータベースの容量について

ロリポップレンタルサーバーの場合はディスク容量にデータベースの容量が含まれているという説明があります。

データベースの利用にはデータベースの容量が決められているレンタルサーバーがあります。この部分をきちんと説明されているレンタルサーバーは少ないですが、データベースにはデータべースの容量を超えるとトラブルが起きる場合もあります。
ロリポップレンタルサーバー以外のレンタルサーバーを選ぶ際にもデータベースの容量が記載されているところのほうが安全です。

MySQLデータベースの作成方法について

ロリポップ!レンタルサーバー公式サイトへのアクセス、お申し込みレンタルサーバーでMySQLデータベースを作成する方法は
手動、自動の2通りがあります。

1:MySQLデータベースを手動で作成する
エコノミープランの場合でもデータベースの表示自体はありますが、データベースの作成ができません。ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランではデータベースの作成をおこなうことが出来ます

手動作成の利点
・データベース名を決められる
・接続パスワードを決められる
・接続パスワードが必要な場合は確認が出来る
・ご自身で作成したPHPプログラムとデータベースを連動させる場合など
・自動インストール以外で利用できるCMSと連動させる場合など

以下のCMSについてはロリポップレンタルサーバーのマニュアルに設置説明の記載があります

XOOPSの設置
OpenPNE3の設置
concrete5の設置
Drupalの設置
CakePHPの設置

2:MySQLデータベースを自動作成する
エコノミープランの場合はWordPress、EC-CUBEの自動インストールが利用できません。ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランでは自動インストールが行えます。

WordPress、EC-CUBE、baserCMSを自動でインストールされる場合、インストール手続きをおこなう内容の中にデータベースの新規自動という項目があります。新規自動を選択するとデータベースMySQLが自動で作成されます。

自動作成の利点
・データベース名を決めなくて良い
・接続パスワードを決めなくて良い
・接続パスワードが必要な場合は確認が出来る

phpMyAdminの利用について

ロリポップレンタルサーバーではphpMyAdminのご利用が可能です。
phpMyAdminとはMySQLデータベース管理ツールと呼ばれるデータベース自体の

操作ツールになります。MySQLデータベース管理ツールは通常では操作をおこないません。

wordpressなどのデータを出力(エクスポート)させて違うwordpressに入れる(インポート)をさせたい場合はwordpressの管理画面からおこなえます。

ロリポップレンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから
ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト
このホームページはロリポップレンタルサーバーのスタンダードプランを利用しています。
今後もロリポップレンタルサーバーを利用しながらロリポップに関する情報を
追加していきます。