ロリポップレンタルサーバー ライトプラン機能説明

ロリポップレンタルサーバーのライトプランを解説

ロリポップのライトプランは月額300円でwordpress(ワードプレス)のご利用が可能になってきます。ライトプランまでは、あくまで趣味目的のホームページ(WEBサイト)の作成だと考えられます。その理由は以下の通りです。

スタンダードプランに比べると表示速度、処理速度が劣る
ライトプランではPHP ver7.1(CGI版)はご利用ができても処理速度、表示速度が速いPHP ver7.1(モジュール版)のご利用はなれません。

表示速度や処理速度が遅い場合、ユーザーが違うサイトに移動するといったデータもあるようです。またGoogleアドセンス(ご自身のホームページに広告を掲載できるサービス)ではページの表示が遅いとページの表示速度について改善を求められる場合もありますので、ご注意ください。

データベースの作成数について
またデータベース MySQL5.6.11は1つ作成が出来ます。

wordpressなどのデータベースを利用する場合
1つのデータベース(MySQL5.6.11)でwordpressを数個設置することも可能ですが、1つのデータベースに数個のワードプレスを要するのはデータベースの破損につながる可能性もあるかもしれません。

このプランでwordpress(ワードプレス)を運営する場合は1つのwordpressのみにするといったことをおすすめしますが1つのデータベースで複数のwordpressを設置されたい方はデータベースのバックアップをご自身で保存しながらトラブルに備えてください。

メールアドレスについて
メールについては独自ドメインを設定することにより、メールアドレスが無制限に作成できるようになります。
ロリポップ公式へのアクセスはこちらからどうぞ→ロリポップ!





このページで記載されている内容は2017年3月13日のものです。日にちが過ぎている場合はPHPのバージョン、データベースのバージョン、利用できる機能が変わっている場合があります。

ディスク容量 転送量 独自ドメイン
50GB 60GB/日 50

プログラム
・PHP ver5.6 ver7.1(CGI版)プログラムの利用
・Perl ver5.10 プログラムの利用
・CGIの設置(オリジナル)の利用
・Ruby ver.1.9 ver.2.0の利用
・Python ver.2.7 ver.3.4の利用
・cron
・データベース MySQL5.6.11は1つ作成出来ます、SQLiteの利用
・自動インストール WordPress、EC-CUBE、Bootstrap、baserCMSの利用
・ブログ(ロリポブログ)の利用 3個まで作成が可能

独自ドメインの設定・追加
・独自ドメインの設定・利用(別名マルチドメイン)の利用
50個まで追加が可能

制限とアクセスとアップロード
・FTPアクセス制限
・WebDAVの利用 (FTPソフトを利用せず、ご自身のパソコンからアップロードできます)
・ロリポップFTPの利用(ファイルをアップロードするためのものです)

その他
・ショッピングカートの利用
・共有SSL
・アクセス解析

メール
・メールアドレスの作成と利用(WEBメール、POPメール)の利用10個まで作成が可能
・独自ドメインを設定し利用した場合は無制限にメールアドレスの作成が可能になります

サポート
・メールサポート
・チャットサポート

ライトプランでは出来ないこと
ご注意点:プランによっては利用できる機能です
・電話サポート
・PHP ver7.1(モジュール版)を使ったプログラムの利用
・同時アクセス数拡張の利用
・バックアップ機能の利用




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする