ロリポップレンタルサーバースタンダードプラン機能評価と感想

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーの
スタンダードプラン機能評価と感想と速度表示など

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーのスタンダードプランはこちらのホームページで
実際に利用していますので、利用をしている感想も大事かと思いますが

データを記載していきます。こちらがロリポップレンタルサーバーのスタンダードプランの
契約したのが2017年12月16日からとなっています。

(1)Googleウェブマスター検索アナリティクスから見た評価
Googleではウェブマスターと呼ばれるサービスがあるのですが、そちらに
ロリポップレンタルサーバー専門情報サイトも登録をしています。

ウェブマスターでは以下のことがわかります。例として
(1)Googleで検索した際にクリックされた数
(2)Googleで検索した際の表示回数
(3)Googleで検索した際にヒットしたページの順位

以下は2018年の1月15日~2月1日までの内容の一部です
一部はクリック数が200件あります
ロリポップ!レンタルサーバーの公式サイトにも機能説明、設定説明がありますのでこちらの、アクセス数はあまりないのですがGoogleでの検索順位はある程度高いところにある内容もあります。

(2)各検索エンジンの流出(クリック)からの評価

googleからの検索結果が中心となっていますがyahoo検索、bing検索にも少なからず表示されアクセスがある状態です。こちらはGoogleウェブマスターとは違うサービスでアクセス解析の情報です。

スタンダードプランのお申し込みと機能内容

ロリポップレンタルサーバーはお申し込むと10日間の間は無料お試し期間となります。
お試し期間中の10日間はスタンダード
プランでお申し込みをおこなっても
ユーザー専用パネルで料金プランの変更が可能です。
10日間以内にできる利用について(例)

お申し込みから10日間
以内(無料期間)に
おこなえる行動
・既に作成をしたホームページ(html、CSS、JavaScript)などのファイルを実際にアップロードをおこない、ホームページを表示させる

・独自ドメインを取得されている場合は独自ドメインの設定をおこないホームページ表示させる

・料金プラン、ライトプラン以降の場合はwordpressなどの自動インストールをおこないホームページを表示させる・表示速度の確認・管理画面の利用を確認をする

・メールアドレスを作成してメールの送信・メールの受信をする

10日間以内に出来るプラン変更と契約・解約について(例1)
お申し込み時の選択はスタンダードプランで
実際の契約もスタンダードプランの場合の流れ

お申し込みから10日間以内(無料期間)に
おこなえるプラン変更
例1:スタンダードプラン(お申し込み時)

エンタープライズプラン(ユーザー管理パネルでのプラン変更)

スタンダードプラン(ユーザー管理パネルでのプラン変更)

その後は(1)か(2)の選択です
(1)スタンダードプランを契約するため料金をお支払い、継続利用する
(2)スタンダードプランを契約をされないまま終了(契約をされない場合は手続きは必要ありません、そのままにしておくと自動解約扱いになります)

10日間以内に出来るプラン変更と契約・解約について(例2)
お申し込み時の選択はスタンダードプランですが
実際の契約はエンタープライズプランの場合の流れ

お申し込みから10日間以内(無料期間)に
おこなえるプラン変更
例2:スタンダードプラン(お申し込み時)

エンタープライズプラン(ユーザー管理パネルでのプラン変更)

その後は(1)か(2)の選択です
(1)エンタープライズプランを契約するため料金をお支払い、継続利用する
(2)エンタープライズプランを契約をされないまま終了(契約をされない場合は手続きは必要ありません、そのままにしておくと自動解約扱いになります)

スタンダードプランを実際に契約した後の料金プランの変更について
※下位プランには変更できません。
※ご契約途中の場合は、残り契約期間が1ヶ月以上あれば、残り契約期間分のプラン設定費用をお支払いいただくことで、上位のプランにプラン変更することができます。

スタンダードプランを契約した場合、
スタンダードプランから見た他のプランの料金ランク
エコノミープラン(下位プラン)変更不可
ライトプラン(上位プラン)変更不可
エンタープライズプラン(上位プラン)変更可能

ロリポップレンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから


(1)PHP7.1モジュールを利用したwordpressの表示スピード測定

スタンダードプランでPHPバージョン7.1モジュールを利用したwordpress
スタンダードプラン版 http://test-x.work/

ロリポップレンタルサーバー情報専門サイトの場合、投稿がまだ増えていきますので今後更新をおこなわない内容ものを作成しスピードを測定しています。内容についてはこちらが別に運営をおこなっているものを14件投稿しています。

測定時間:14時(トップページのみ測定)

回数1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
2.4秒2.2秒2.4秒2.5秒2.6秒2.2秒2.3秒3.1秒2.4秒3秒

測定時間:16時(トップページのみ測定)

回数11回12回13回14回15回16回17回18回19回20回
2.2秒2.7秒2.3秒2.2秒2.4秒2秒2.1秒2.3秒2秒2.4秒

測定時間:23時(トップページのみ測定)

回数21回22回23回24回25回26回27回28回29回30回
2.4秒2.1秒2.6秒3秒2.2秒2.5秒2.3秒3.3秒2.2秒2.5秒

※wordpressではなくhtmlやCSS等のホームページの場合は計測より表示スピードは速くなります


(2)スタンダードプランの料金について

スタンダードプランは初期費用が1,500円、毎月お支払いになる料金が600円となっています。初期費用は契約を初めて行う際にかかる設置料金としてお考えください。

スタンダードプランには6か月間、12か月、24まとめて契約を行った場合は割引があります

スタンダードプランをお申し込んだ後にお支払いになる金額について

初期費用は契約を初めて行う際にかかる設置料金としてお考えください。
契約期間については1か月、3か月、6か月、12か月、24か月、32か月など
まとめて契約を行うことが可能です。

お支払い方法:
クレジット決済、コンビニ決済、銀行振込、ゆうちょ為替、おさいぼ!決済
(1)クレジットカードについて:VISA/Master/JCB/Diners/AmericanExpressに
対応しています

(2)コンビニ決済について:セブン‐イレブン/ローソン/ファミリーマートサークルK・サンクス/セイコーマートに対応しています

1か月間契約を申し込んだ場合の料金計算
(1)初回:初期費用:1,500円+(1か月×月額費用600円)
=2,268円(8パーセント税込)+振込手数料

(2)次回:1か月契約を更新する場合(1か月×月額費用600円)
=648円(8パーセント税込)+振込手数料

3か月間契約を申し込んだ場合の料金計算
(1)初回:初期費用1,500円+(3か月×月額費用600円)
3,564円(8パーセント税込)+振込手数料

(2)次回:3か月契約を更新する場合(3か月×月額費用600円)
1,944円(8%税込)+振込手数料

6か月間契約を申し込んだ場合の料金計算
*6か月契約から1か月の料金が100円安くなり500円になります

(1)初回:初期費用1,500円+(6か月×月額費用500円)
4,860円(8%税込)+振込手数料

(2)次回:6か月間契約を更新する場合(6か月×月額費用500円)
3,240円(8%税込)+振込手数料

12か月間契約を申し込んだ場合の料金計算
(1)初回:初期費用1,500円+(6か月×月額費用500円)
8,100円(8%税込)+振込手数料

(2)次回:6か月間契約を更新する場合(6か月×月額費用500円)
6,480円(8%税込)+振込手数料
ロリポップレンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから


(3)ライトプランの容量、転送量、独自ドメインについて

スタンダードプランのディスク容量の消費の仕方は

ディスク容量120GB ー(ホームページの容量+データベースの容量+メールアドレスの容量)となります。

ディスク容量転送量独自ドメイン
120GB100GB/日100個

ディスク容量について
ディスク容量にはメールアドレスの利用、データベースの利用容量も含まれていますが
数個のホームページを作成された場合でも十分な容量が確保されています。

転送量について
例としてロリポップレンタルサーバーを利用して作成した
テストホームページがありますがhttp://test-x.work/

トップページの容量は778KBです
トップページだけの表示回数になりますが計算上の表示回数は

1日あたり128,525回までになります。
計算上ではこうなっていますが1か月間のアクセス数の限度は30万~40万ほどではないかとも
言われています。 

独自ドメインの設定数について
独自ドメインの設定数100個についてはどちらかというと多すぎるといった個数です。


(4)スタンダードプランのデータベースの仕様について

データベースSQLiteについて
SQLiteはデータベースという項目では作成が出来ません。baserCMSの自動インストールを行う際にのみSQLiteはご利用が出来ますが、SQLiteというデータベースはインターネット上で配布もされています。

その配布されているSQLiteデータベースと組み込んだホームページの作成も可能です。ただMySQLとSQLiteを比べた場合、SQLiteは簡易データベースとよばれていますので処理速度はMySQLデータベースより劣ります。

データベースMySQLについて
スタンダードプランでご利用が可能になるデータベースMySQLは30個でWordPressやEC-CUBEの自動インストール時に必要となりますが、ご自身でPHPプログラムで作成した内容とデータベースを連動させたホームページ(WEBサイト)のご利用をされることも可能です。
データベースの仕様などについては各レンタルサーバーで若干違ってきます。
ロリポップレンタルサーバーデータベースの機能と説明
ロリポップレンタルサーバーデータベースの容量について


(5)スタンダードプランのメールアドレスについて

スタンダードプランはロリポップ!ドメインで10個のメールアドレスの作成が可能です。
また1個のメールアドレスの最大容量が2GBまでと決まっています。
WEBメール、POPメールでのメールの送受信が可能で携帯からもご利用出来ます。

メールアドレスとしては

・メールアドレスを作成
・メールアドレスを削除(メール送受信内容も削除・アドレス情報も削除)
・メールアドレスを作り直す(作成限度数まで)
この3つが可能です。

ライトプランの場合、独自ドメインを1個設定するとさらに無制限にメールアドスの作成ができますが元々ディスク容量が120GBなので合計30個作成されても十分な容量を確保できます。

また全体で120GBまで(ホームページ容量+データベース容量+メール容量)という制限ですので複数のメールアドレスを2GBまで使用+他は1GBや800MBまで使用するといった方法もあります。

スタンダードプランで利用可能なサービス一覧

プログラムについて

・PHP ver5.6 ver7.1(CGI版)の利用が可能
 PHP(CGI版)の場合はphp.iniの設定が可能

・PHP ver7.1(モジュール版)プログラムの利用が可能
 PHP7.1(CGI版)に比べると処理速度は速くなります。
 しかしロリポップレンタルサーバーの公式ページで説明があった7倍という
 計算は、あくまで同時刻のアクセスが1000回あった場合です。
 アクセスが1回の場合、PHP7.1(CGI版)とPHP7.1モジュール版の差は0.0数秒の差に
 なります。同時刻のアクセスが10回、100回となれば0.0数秒ではなく差が
 もっと広がってきます。

Perl ver5.10 の利用が可能(CGIの設置(オリジナル)の利用が可能)
 Image::Magickの利用が可能
 SENDMAILの利用が可能
 CGIの権限(セキュリティの為にSUEXECを導入)
 SSI利用の際の制限(セキュリティの為にSUEXECを導入)

Ruby ver.1.9 ver.2.0の利用が可能(Ruby on Railsには対応しておりません)

Python ver.2.7 ver.3.4の利用が可能

・cronの利用が可能1分間隔に10

データベース(SQLiteの利用が可能)
データベース(MySQLの利用が30個可能)

自動インストール(WordPress、EC-CUBE、baserCMS、Bootstrapの4つの利用が可能)
ブログ(ロリポップブログ)の利用 5個まで作成が可能

独自ドメインの設定・追加について
・独自ドメインの設定・利用(別名マルチドメイン)の利用が可能
・独自ドメインは100個まで追加が可能

制限とアクセスとアップロードについて
・FTPアクセス制限
・WebDAVの利用 (FTPソフトを利用せず、ご自身のパソコンからアップロードできます)
・ロリポップFTPの利用(ファイルをアップロードするためのものです)

メールアドレスについて
・メールアドレスの作成と利用(WEBメール、POPメール)の利用が可能です
・メールアドレスを10個まで作成が可能です

・独自ドメインを設定し利用した場合はさらに無制限に作成が可能になります
・スタンダードプランの場合メールアドレス1つの容量は2GBです

メールマガジンについて
・メールマガジンの作成数は5件(5本)が可能
 購読者の最大数は500人までになります

メーリングリストについて
・メーリングリストの作成数は5件(5本)が可能
 購読者の最大数は500人までになります

セキュリティについて
・共有SSLの利用が可能
・独自SSLの利用が可能(個人、個人事業者:2,000円/月~ 企業・団体:59,800円/年~)

その他について
・アクセスログの利用が可能
・同時アクセス数拡張の利用が可能です 3日間という期限内でのアクセス解放 7日ごとに
 使用可能です
・SSHの利用が可能 ネットワークを介して、サーバーへのログイン、ファイルの転送、
 コマンドの実行などを行うことができます

サポートについて
・メールサポートの利用が可能
・チャットサポートの利用が可能
・電話サポートの利用が可能

スタンダードプラン意外で利用可能なサービス一覧

ご注意点:プランによっては利用できる機能です

・SSDの利用
簡略説明:ランダムアクセスに優れています、データベースの利用に有利です
利用可能プラン:エンタープライズプラン

・バックアップの利用
簡略説明:ファイルの自動保存、プランではなく有料でも利用が可能です
利用可能プラン:エンタープライズプラン

ロリポップレンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから
ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト
このホームページはロリポップレンタルサーバーのスタンダードプランを利用しています。
今後もロリポップレンタルサーバーを利用しながらロリポップに関する情報を
追加していきます。