ロリポップ!WordPress(ワードプレス)がインストールができない場合

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーではWordPress(ワードプレス)を
利用するための自動インストールの専用ページがあります。

そのページ内でサイトURL、利用するデータベースの設定、WordPress(ワードプレス)の
設定をおこなって入力内容確認という表示をクリックして

インストールを開始するわけですがロリポップレンタルサーバーで
WordPress(ワードプレス)がインストールが失敗する、インストールが

できないということがあるかもしれません。その原因をこのページではご紹介しています。

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーでWordPress(ワードプレス)がインストールができない
場合

(1)お試し期間中にWordPressインストールをおこなう場合
ロリポップレンタルサーバーについてはお申し込みから10日間以内の

お試し期間中(料金をお支払いになられていない状態)に
WordPressのインストールが可能です。

・ロリポップ!ドメインにWordPressをインストールが可能
・独自ドメインの設定をおこないWordPressをインストールが可能

お試し期間中におこなったWordPressのインストールは料金を
お支払いになると、そのまま継続して利用ができます。

またお試し期間中にWordPressがインストールできない場合は他に理由が考えられます。
お試し期間中だからWordPressのインストールができないということはありません。

ロリポップ!レンタルサーバーへのお申込みをされていない方は
上記からお申し込みをされてください。

(2)このページで説明をおこなっている内容
エコノミープランでWordPressをインストールされたい場合や
ムームードメインやお名前ドットコムで取得した独自ドメインが

WordPressの自動インストール専用ページのサイトURLのところで表示されていない、
エラーがでている場合・何らかのトラブルでインストールが出来ていない場合に

ついての対処法に関して説明をさせていただいています。

(1)料金プランがWordPressに対応していない場合

料金プランにはエコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプラン、
エンタープライズプランがあります。

エコノミプランライトプランスタンダードプランエンタープライズプラン
SQLite利用可SQLite利用可SQLite利用可SQLite利用可
MySQL 利用不可MySQL 1個作成MySQL 30個作成MySQL 100個作成

エコノミープランでのWordPressのインストールについて
その中でエコノミープランで利用できるデータベースはSQLiteのみです。
WordPressをデータベースSQLiteを利用して運営をおこなう方法も

インターネット上で検索をおこなえば見つかるのですが
動作環境の基準を元にWordPress及びプラグインは作成をされておりますので

データベースSQLiteを使用した場合、トラブルが起きる可能性もあります。

WordPressが推奨しているデータベースはMySQLであること
以下はWordPressの動作環境です。動作環境はあくまで推奨とされているものです。

PHP バージョン 5.2.4以上(PHP 7.0以上を推奨)

MySQL バージョン 5.0以上(MySQL 5.6以上、またはMariaDB 10.0以上を推奨)

(2)独自ドメインが設定されていない

ムームードメインやお名前ドットコムで取得された独自ドメインは設定を
おこなってください。その独自ドメインの設定をおこなった後に、

さらに独自ドメインが反映されるまで時間を待たなければなりません。
独自ドメインの設定をおこなって10分から20分ほど経過してから

再度、WordPressの自動インストール画面を開いてください。
サイトURLという部分に設定をおこなった独自ドメインが表示されます。

参考例:
FC2で取得した独自ドメインをロリポップ!に設定する方法
ムームードメインで取得した独自ドメインをロリポップ!に設定する方法

(3)独自ドメインの設定が反映されていない

ロリポップレンタルサーバーでムームードメインやお名前ドットコムで
取得された独自ドメインの設定をおこなっても、WordPressの自動インストール

専用ページのサイトURLのところで反映がされていない場合があります。

参考例:
ロリポップ!独自ドメインが設定できない/反映されない場合の対処法

「wordpress199.com」は現在セットアップ中です。もうしばらく経ってからお試しください。

この表示はwordpress199.comという独自ドメインを設定した直後にwordpressの
自動インストールを行ってみた際に表示された内容です。

(4)独自ドメインに表示させたいWordPressがロリポップ!ドメインに
表示されてしまう

独自ドメインの設定をおこない、WordPressをインストールをおこなってみたが
ロリポップ!ドメインと独自ドメインの2か所に同じWordPressの内容が

表示されてしまうということがあります。
この原因は独自ドメインの設定の際に公開フォルダ名を入力していないことで

起きることです。公開フォルダ名はファイルや、フォルダの入れ物となります。
自動インストールをおこなう場合、公開フォルダ名の中に

WordPressならWordPressに
必要なファイルとフォルダをインストールしますので、

それができていない状況です。できていない状態だと、
ロリポップ!ドメインでホームページ(WordPresssも含む)階層に

WordPressに必要なファイルとフォルダがインストールされています。
そのため、ロリポップ!ドメインと独自ドメインの両方に同じWordPressが表示されます。

ロリポップ!独自ドメインの公開フォルダ名を決めない状態でwordpressを
インストール(実験)

(5)何らかのトラブルでインストールが出来ていない

めったにないとは思いますがインストール時に何らかのトラブルが起きて
WordPressの自動インストールができないという場合もあるようです。

この場合はWordPressに関係しているファイルの一部がインストールされていたり、
逆にWordPressに関係している一部のファイルが抜けていたります。

手段としてはロリポップ!FTPを利用して・・・という説明をされているところも
あるようですが、WordPressの自動インストールを再度やりなおします。

同じサイトURL、同じデータベースを指定してWordPressに関係しているファイルの
上書きをおこないます。
上書きですが抜けていたファイルなども

きちんとこの手順でインストールされます。

この件については確認をおこなっています
(1)初回:WordPressの自動インストールをおこないます

(2)初回:ロリポップ!FTPにログインをしWordPressのファイルを一部削除
(失敗の状態を作るためです)

(3)初回:WordPress(ホームページ)のトップ画面が表示されるかを確認
(表示されませんでした)

(4)2回目:WordPressのインストールを再度おこないます
この際、サイトURLは同じものですがデータベースは

新規作成を選択してください。初回でデータベースが新しく作成されていた
場合はそのデータベースを削除してください。

初回にデータベースが作成されている場合だと、データベースの中身に
初回の内容と2回目の内容が入ってしまいます。

(5)WordPress(ホームページ)のトップ画面が表示されるかを確認
(表示されました)

ロリポップ!FTPでのファイル確認の注意
ロリポップ!FTPでWordPressの関連ファイルを削除した後に
再度WordPressの自動インストールをおこなってみましたが、

その際にロリポップ!FTPを更新しても削除をおこなったファイルが
上書きされていない状態でした。これは表示されていないだけです。

上の(5)ではトップ画面が表示されている状態でしたので、
一度、ロリポップ!FTPからログアウトをおこなって

再度ログインをおこなうと削除をおこなったファイルも表示されていました。

(5)WordPressはインストール出来たがURLが分からないという可能性

WordPressをインストールされた際にサイトURLという部分に
例えばですがhttp://ssdkzys.net/にWordPressをインストールする予定が
http://ssdkzys.net/index.htmlにインストールをされている場合なども考えられます。

ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressの自動インストールをされた場合、
どこのURLにインストールをおこなったかという履歴というのが残ります。

その履歴の中に、WordPressにログインを行う部分のURLの表示も

されていますので一度確認を行ってみてください。

履歴の確認手順について
1:ロリポップ!レンタルサーバーにアクセスをし「ユーザー専用ページ」に
ログインを行います

2:左の項目から「サイト支援ツール」にカーソルを持っています。

3:カーソルを持っていくと右側にWordPress簡単インストールという表示出ます。そちらをクリックし「WordPress簡単自インストール」というページを表示させます。

このページはWordPressを自動作成する際に設定を入力するページですが、

そのページの下の部分に履歴が表示されていますのでそちらでご確認ください。

画像だと黒で囲っている部分が履歴が表示されている部分です。

このホームページはロリポップ!レンタルサーバーの料金プランスタンダードプランでWordPressの自動インストールをおこないページを作成しています。
今後もロリポップ!レンタルサーバーを利用しながら関連情報を追加していきます。