ロリポップ(独自ドメイン)を利用したwordpressの自動インストール先と手順

ロリポップレンタルサーバーでwordpress(ワードプレス)が使えるように設定を行います

(1)このページで説明してる設定で出来ること
ロリポップでロリポップのドメインを使用したwordpressの自動インストール
ロリポップで独自ドメインを使用したwordpressの自動インストール

(2)大まかな流れ
独自ドメインを使用したwordpressの自動インストールの場合、独自ドメインの設定は行われているという前提でインストール作業を行います。
ロリポップのドメインを使用した場合とロリポップで独自ドメインを利用した場合とに分かれる部分がありますので、その場合は分けてご説明をさせていただきます。

(3)設定順序の注意点
・ロリポップのドメインを使用したwordpressの自動インストールの場合、何も問題はありません。
・ロリポップで独自ドメインの設定を行っていない場合は先に独自ドメインの設定を行ってください。
理由として独自ドメインのトップページにwordpressをインストールされたい場合はwordpressのファイルを入れるフォルダを(独自ドメインを使用するファイルの場合はすべてそちらに入ります)先に作らなければなりません。



ロリポップでwordpressを自動インストール際の詳細手順です

手順その1:ロリポップにアクセスをする

 ロリポップのトップページ画像です

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

ロリポップにアクセスしてください。
ロリポップ!

手順その2:ユーザー専用ページにログインをする

 ロリポップのログイン画像です

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

登録した際のロリポップのドメインとパスワードを入力してログインという表示をクリックしてください。

手順その3:簡単インストールにカーソルをもっていく

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。簡単インストールという項目に←を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

ユーザー専用ページが開いたら今度は、簡単インストールという項目にマウスのカーソルをもっていきます。そうすると5つの選択肢が表示されます
・簡単インストール
・WordPress
・baserCMS
・EC-CUBE
・Bootstrap

手順その4:上記の表示で簡単インストールを選択した場合とwordpressを選択した場合

 画像はありません 5つの選択肢のうち簡単インストールをクリックすると下の4つの説明が表示されます。wordpressの横に利用するを選択してください。

手順3で5つの選択肢が表示されている場合で、wordpressをクリックするとwordpress簡単インストールに進むことが出来ます。

手順その5:インストール先URLを入力する

 ロリポップのユーザー専用ページ画像です。インストールURLという項目に↓を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

次のwordpress簡単インストールというページでインストール先URLという部分が独自ドメインとロリポップのドメインのどちらを利用するかという選択する部分になります。下に説明をつけさせていただいております。
 インストール先URLという部分を例で表示しています。基本的に右は空白にします
左の空白 右の空白 wordpressのインストールが実行された結果
wordpress199.com(独自ドメイン) 空白のまま フォルダは作成されません。wordpressへのアクセスURLはhtt://wordpress199.com/になります。
wordpress199.com(独自ドメイン) wordpress/
にした場合(入力例です)
wordpressというフォルダが作成されそちらにwordpressに必要なファイルが入っています。wordpressへのアクセスURLはhtt://wordpress199.com/wordpress/になります。
lental.sub.jp/(ロリポップのドメイン) 空白のまま フォルダは作成されません。wordpressへのアクセスURLはhttp://lental.sub.jp/になります。
lental.sub.jp/(ロリポップのドメイン) wordpress/
にした場合(入力例です)
wordpressというフォルダが作成されそちらにwordpressに必要なファイルが入っています。wordpressへのアクセスURLはhtt://lental.sub.jp/wordpress/になります。

手順その6:利用データベースの新規自動作成または作成しているデータベースを利用する

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。利用データベースという項目に↓を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

インストール先URLの下に、利用データベースという部分があります。こちらも下に説明をつけさせていただいております。

補足:データベースを新規自動作成にした場合
文字、数字がランダムに並んで作成されるためWordPress意外にデータベースをご利用になる方には、わかりにくくなるかもしれません。その他に新規自動作成で不利になる点を考えてみましたがwordpressは記事を投稿するのが基本ですが投稿の削除も各設定の変更もwordpressの管理画面から行いますのでデータベースのファイル自体を操作することはありません。またwordpressを違うレンタルサーバーに引っ越し(データを移す)際にはwordpressの管理画面からアウトプットという作業を行いますのでこちらもデータベースのファイル自体を操作することはありません。仮にwordpressを複数設置しても、どのデータベースを使用していたか?という混乱にもならないと思います。基本的には新規自動作成でも問題はありません。

手順その7:WordPressの設定

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。WordPressの設定という項目に↓を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

以下の項目を入力してください
(1)サイトのタイトル
(2)ユーザー名
(3)パスワード
(4)パスワード(確認)
(5)メールアドレス
(6)プライバシー
こちらも下に説明をつけさせていただいております。

補足:その後にwordpress自体の管理画面から変更が可能です
(1)から(6)までwordpressのインストールが終ったあとwordpress自体の管理画面から変更が出来ます。(6)プライバシーについては例えばですがgooleで検索された際の検索結果のページに掲載させるか、掲載させないかの設定になります。これもwordpress自体の管理画面から設定を変更できます。

手順その8:入力内容確認という表示をクリック

 ロリポップのユーザー専用ページ画像です。入力内容確認という表示に↓を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

すべて入力し終わったら、入力内容確認という表示をクリックしてください。

手順その9:確認について

画像はありません 確認の表示が出ると思いますが、説明確認のため何度もwordpressを自動でインストールして試しているため、インストール履歴が残りこちらでは表示が違っています。OKという表示をクリックしてください。表示内容が違う場合はすみません。

手順その10:承諾するにチェックをしインストールをクリック

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。確認にという表示に↑をインストールという表示に↓をつけています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

次のページでインストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます。という下の部分に承諾するという表示の横に空欄がありますので、その空欄をクリックをしてチェックを入れてください(黒い↓)。そのまま、インストールという表示をクリックしてください。

手順その11:終了です

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。wordpressのインストールが終了したという画像を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

インストールが終了するとインストールがされたURLとwordpressの管理URLが表示されます。こちらに表示されているURLをメモされてもいいのですがURLが確認できる方法がありますので、そちらを下に掲載しています。

手順その12:wordpressをインストールしたURLが確認できる方法

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。簡単インストールという項目に←を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

wordpressをインストールしたURLが分からない場合は再度、簡単インストールという項目にマウスのカーソルをもっていきます。そうすると5つの選択肢が表示されます。
・簡単インストール
・WordPress
・baserCMS
・EC-CUBE
・BootstrapWordPressという表示をクリックしてください。

手順その13:wordpress簡単インストールというページの一番下の方で履歴を確認する

ロリポップのユーザー専用ページ画像です。wordpressインストール履歴という項目に↓を表示しています

画像をクリックすると拡大させることが出来ます

wordpress簡単インストールというページが開きます。その一番下にwordpressインストール履歴としてサイトURL管理者ページ・URL利用データベース・テーブル接頭辞が表示されていますので、そちらからアクセスしてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする