ロリポップ!wordpress(ワードプレス)インストール方法/手順

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーとwordpress(ワードプレス)自動インストール先のURLに関する独自ドメイン、サブドメイン部分の設定と説明

ロリポップ(lolipop)レンタルサーバーではwordpress(ワードプレス)の設定を行うことで
自動でインストールを行えます。しかし

・サイトURL(ロリポップ!ドメインや独自ドメイン)
・利用データベース (新規自動作成・既に作成されているデータベース)

の選択部分で少し迷ってしまうことがあるかもしれません。こちらではロリポップ!レンタルサーバーで自動インストールされる際のwordpress設定をすべて説明していますのでよろしければご覧ください。

wordpressの自動インストール画面までの手順です

(1)ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー専用ページにログインをします。
(2)左のサイト作成ツールにカーソルを合わせます。
(3)右に表示されたwordpress簡単インストールをクリックしてください。

以下の画像は実際にwordpressをインストールされる際に表示される
設定の内容です。

自動インストール時に設定をおこなうwordpress(ワードプレス)の項目

(1)サイトURLについて

サイトURLについては選択になります。独自ドメインを取得されていない方は、
お申込み時に選択をしたロリポップ!ドメインのみ選択できます。

wordpress(ワードプレス)をインストールされた際に
サイトURLについて選択+入力は任意という部分がありますが、

アクセスをした際のトップ画面の表示に関する所です。

(1‐1)ロリポップドメイン選択された場合サイトURL部分domaru.main.jpの設定例

こちらはロリポップで取得したロリポップ!ドメインを利用した場合の設定になります。
私の場合はadomaru.main.jpというロリポップドメインを取得をしていますので、

以下のようにwordpressの自動インストールのサイトURLの部分にadomaru.main.jpが
選択できるように表示されています。

1:入力は任意ですという部分に何も入力をされない場合(基本的にこちらです)adomaru.main.jpを選択しwordpressを自動インストールをおこなった後の
トップ画面のURLはhttp://adomaru.main.jpになります。

2:入力は任意ですという部分に入力をされた場合
adomaru.main.jpを選択し入力は任意ですという部分にindexを入力し
wordpressの自動インストールをおこなった後の

トップ画面のURLはhttp://adomaru.main.jp/indexになります。

3:入力は任意ですの部分には何も入力をしないままがおすすめです

(1‐2)独自ドメインを選択された場合サイトURL部分rewarding-rim.comの設定例
ロリポップレンタルサーバー側で独自ドメインを設定された際に

公開(アップロード)フォルダ名を入力していますか?
独自ドメインにwordpressをインストールされる場合は公開(アップロード)フォルダ名は

重要になりますので、設定されていない方は再度設定をされてください。
例としてrewarding-rim.comという独自ドメインの取得と設定をしています。

1:入力は任意ですという部分に何も入力をされない場合(基本的にこちらです)
rewarding-rim.comを選択しwordpressを自動インストールをおこなった後の
トップ画面のURLはhttp://rewarding-rim.comになります。

2:入力は任意ですという部分に入力をされた場合
rewarding-rim.comを選択し入力は任意ですという部分にindexを入力し
wordpressの自動インストールをおこなった後の

トップ画面のURLはhttp://rewarding-rim.com/indexになります。

3:入力は任意ですの部分には何も入力をしないままがおすすめです

(2)利用データベースについて

利用されるデータベースについては「新規自動作成」で作成するか、
既に作成されたデータベースの選択が表示されます。

(2‐1)新規自動作成を選択した場合

新規自動作成を選択すると、データベースを新しく作成してくれます。
メリットはデータベースの名前やパスワードをご自身で決めなくても良いので、

パスワードを覚えておく必要がありません。
基本的にはwordpress(ワードプレス)を新しくインストールされる場合は

新規自動作成を選択してください。

(2‐2)ご自身で作成したデータベースの選択

ロリポップレンタルサーバーではユーザ管理ページにログインをされた際に左部分に

サーバー・管理という項目にマウスのカーソルを合わせると
データベースという項目があります。

データベースを手動作成すると、wordpressの自動インストール時の
データベースの選択部分でえらぶことができます。

メリットはデータベース名を自分で決めることができますので、
データベースの削除等をおこなう場合はわかりやすいかと思います。

データベースの手動作成は自動インストール以外のプログラムと
連動させるためにも利用します。

(2‐3)既に作成されているデータベースを選択

既に作成されているデータベースもこの選択部分では表示されます。

1回目のwordpress自動インストール時に新規自動作成を選んだ場合
1回目のwordpressの自動インストール時に新規自動作成を選ぶんだ際に、

例としてLAA0916848-9f0h60というデータベースが作成されたとします。
このLAA0916848-9f0h60というデータベースも選択に表示されます。

1回目のLAA0916848-9f0h60というデータベースを
2回目のwordpressの自動インストール時に利用することもできますが

基本的には同じデータベースの利用はおすすめしません
データベースの中身が複雑になり、処理速度が落ちる可能性があるためです。

(3)wordpress(ワードプレス)の設定について

ここからはwordpressの設定に入ります。
ここから下の一部は自動インストール後にwordpressにログインを行えば変更が可能です。

(3‐1)サイトのタイトル (wordpressの管理で変更が可能)
googleやYahoo等の検索エンジンで検索を行った際に表示されるタイトル部分にもなります。こちらサイトだと「ロリポップレンタルサーバー専門情報サイト」というタイトルに

してありますが、何が記載されているかわかるようなタイトルにしてあります。

(3‐2)ユーザー名 (wordpressの管理で変更が不可)
wordpressの管理画面にログインを行う際に使用されます。

(3‐3)パスワード (wordpressの管理で変更が不可)
wordpressの管理画面にログインを行う際に使用されます。

(3‐4)メールアドレス (wordpressの管理で変更が可能)
wordpressに関することがメールに届きます。受信ができるメールアドレスを入力してください。

(3‐5)プライバシー (wordpressの管理で変更が不可はわかりません)
GoogleやYahoo等の検索エンジンで検索を行った際にトップタイトルや投稿タイトルを表示させるかという部分です。

GoogleやYahooの検索エンジンからのアクセスが欲しい方は検索エンジンによるサイトのインデックスを許可するにチェックを入れてください。通常この部分には「✓」を入れます。

(3‐6)入力内容確認をクリック
各項目で入力内した内容を確認してから入力内容確認という表示をクリックしてください。

ロリポップ!レンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから

ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト
このホームページはロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランに契約をし、
wordpressで作成されています。ロリポップ!レンタルサーバーはお申し込むと
10日間無料でご利用ができます。