ロリポップ!データベースの中身を確認したい、データベースホストが同じ場合

(1)このページの内容について:
ロリポップ!(lolipop )レンタルサーバーのWordpress(ワードプレス)、
baserCMS、EC-CUBEの自動インストールをされた後にはインストール履歴が存在します。

このインストール履歴には以下のことが表示されていますが
インストール履歴を誤って削除した場合や、

自動インストールが出来る以外のCMSをインストールされた場合、

どのデータベースに自分が残したい内容が入っているか
データベースの中身を確認をおこないたい際に、

データベースホストが同じデータベースの場合があります。
その時、どうすれば?というデータベースの確認方法です。

説明が分かりにくいと思いますので実際に下の操作手順をご覧ください。

(2)注意点:あくまで中身を確認する方法です
このページに記載されている方法はWordpress(ワードプレス)、baserCMS、EC-CUBE等の
投稿記事を出力する方法ではありません。

投稿記事を出力し、他のWordpress(ワードプレス)、baserCMS、EC-CUBE等に
インポート(投稿データを入れ直す)をおこなう方法は別にあります。

このホームページは2017年12月からロリポップレンタルサーバーの
料金プランスタンダードプランを利用して独自ドメインの設定と
WordPress(ワードプレス)の自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップ!レンタルサーバー公式サイトへのアクセスやお申込み
(お申し込み後はお試し期間が10日間あります。10日間以内は費用を支払って
いない状態でも独自ドメインの設定が可能。独自ドメインの設定をおこなった後、
継続してご利用される場合は10日間以内に料金をお支払いされてください)

データベースの基本について

下の画像は実際、こちらが使用しているロリポップレンタルサーバーの
データベースの利用状況です。データベース名やユーザー名は個々で違います。
作成されて運用されているデータベースの一覧が表示されています。

(1)データベースの表示順について
データベースの一覧には表示順があります。
作成された時期が新しいデータベースは上にあります。
作成された時期が古いデータベースは下にあります。

データベースの中身を確認したい場合、
データベースホストが同じ場合

下の画像は実際、こちらが使用しているロリポップレンタルサーバーの
データベースの利用状況です。
データベースホスト名やデータベース名やユーザー名は利用者によって違います。

以下の画像の中にデータベースホストが同じmysql130.phy.lolipop.lanで
違うデータベース名が2つ存在ます。

(1)データベース名LAA0916848-8uwnto
データベースホストmysql130.phy.lolipop.lan
(2)データベース名LAA0916848-9f0h60
データベースホストmysql130.phy.lolipop.lan

データベース名のLAA0916848-8uwntoの中身を確認する手順

データベースホスト名やデータベース名やユーザー名は利用者によって違います。
ご自身が確認されたいデータベース名をの操作をするという表示をクリックされてください。

手順は同じです。
今回は、データベース名のLAA0916848-8uwntの操作をおこなうために
「操作する」という表示をクリックします。

(1)phpMyadminにアクセスをおこなう
phpMyadminにアクセスをおこなうため「phpMyadminを開く」という表示を
クリックします。

(2)ログインのため入力をおこないます
データベースにログインをおこなうための入力ページがありますので、
入力をおこなってください。その後、「実行」という表示をクリックしてください。


ログイン後は作業を慎重におこなってください。
LAA0916848-8uwntoのデータをエクスポートで出力をおこない、
中身を確認するための作業に入ります。

(3)データベース内の表示
データベースの中身を確認をおこないたい場合、データベースホストが同じ場合という
ページを設けた理由は、この黒く囲った所が原因です。

(1)データベース名LAA0916848-8uwntoの操作をおこなうために
データベースにログインをしましたが

(2)データベース名LAA0916848-9f0h60も表示されています。
データベースホストが同じmysql130.phy.lolipop.lanだからです。

(4)データベース名 LAA0916848-8uwntoをクリックする
今度は「LAA0916848-8uwnto」をクリックします。クリックをすることで
LAA0916848-8uwntoのデータべ―スを操作することができます。

(5)LAA0916848-8uwntoの内容が表示
LAA0916848-8uwntoをクリックするとクリックをおこなった
下と右にァイルが表示されますが、

こちらの場合、Wordpressで利用をおこなっていたデータベースのため、
wpとつけられているファイルが多くあります。

(5-1)クリックをおこなっていないLAA0916848-9f0h60は?
以下の画像のようにデータベースLAA0916848-9f0h60に関しては
ファイルが表示されていない状態です。

(6)LAA0916848-8uwntoの内容を出力します
黒の四角で囲ってる部分に操作をおこなうデータベース名が表示されています。
見えにくいですが、こちらの黒の四角にはLAA0916848-8uwntoという表示があります。

データベース名を確認して「エクスポートという表示をクリックします。

今回は、データベースの中身を閲覧するためだけですので設定を

(6-1)エクスポート方法は、
簡易 – 最小限のオプションだけ表示を選択

(6-2)フォーマットは、
XMLを選択

(6-3)エンコーディングへの変換は、
なしを選択

(6-4)最後に「実行」という表示をクリックしてください。

(6-5)ファイルは、ファイルを開く、保存、キャンセルとありますが、
ファイルを開くを選択

XMLの場合ダウンロード後、ファイルを開くと内容がブラウザで表示がされます。
こちらの見解としては誰でも利用が出来る方法ではないかと思い、
XMLを選択しています。

(7)LAA0916848-8uwntoの内容の確認
ダウンロードが終了するとブラウザが自動的に開き、表示されますが
最初の部分では、投稿などの文字は表示されていません。

ブラウザのカーソルを使って4分の1ぐらいまで下に移動してください。
今回の内容はwordpressに利用したデータベースの中身ですが

そのあたりに投稿内容があります。

(8)LAA0916848-8uwntoの内容の確認後
データベース内の内容を確認されて、そのデータベースを削除されたい場合は
ブラウザにある「ロリポップユーザー専用ページ」という表示をクリックします。

その後、ユーザー専用ページで「データベース削除」という表示をクリックしてください。

このホームページは2017年12月からロリポップレンタルサーバーの
料金プランスタンダードプランを利用して独自ドメインの設定と
WordPress(ワードプレス)の自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップレンタルサーバー公式サイトへの
アクセス、お申し込みは右から ロリポップ!レンタルサーバー