ロリポップ!レンタルサーバー評価 データベースの機能と説明

(1)このページの内容について
ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーでご利用が出来る、データベースの手動作成と自動作成の違い、データべースのMySQLバージョン、ストレージエンジン、MySQLデータベースの容量についての説明をしています。

(2)注意点
データベースの削除は一般的にも行われる作業ですが、データベース自体を操作するといったことは通常はありません。

WordPressのデータを他のレンタルサーバーに、移し変えたい場合はこちらをご覧ください。
ロリポップ!レンタルサーバーwordpressの(データ)移行方法、保存方法

ロリポップレンタルサーバーで、ご利用が出来る
データベース

ロリポップレンタルサーバーで利用が出来るデータベースは、
(1)SQLite(2)MySQLの2種類になります。

データベースSQLite

SQLiteはデータベースとしては軽量型です。
ロリポップレンタルサーバーではSQLiteのバージョンは記載されていません。

(1)ご利用できる料金プランについて

エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランでのご利用が可能です。

(2)SQLiteのご利用方法(自動インストールの場合)

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー管理パネルの項目に自動インストールという表示があります。その機能から

baserCMSというホームページを構築できるプログラムのインストールがおこなえますが、その設定の際にSQLiteの利用があります。その他の設定などでSQLiteの選択はありません。

(3)SQLiteのご利用方法(手動の場合)

データベースSQLiteはインターネット上でも配布をされております。

その配布先からダウンロードおこないご自身で作成した

プログラムと連動させたり、WordPressのデータベースとしてもご利用することができますが

WordPressなどでは、ご利用環境として推奨されておりません。

SQLiteについてウィキペディアでの補足 サーバとしてではなくアプリケーションに組み込んで利用される軽量のデータベースである。 一般的なRDBMSに比べて大規模な仕事には不向きだが、中小規模ならば速度に遜色はない。

wordpressなどでデータベースSQliteを利用した方法があるようですが、インターネット上では10件ほどの投稿で重くなるといった内容の話があります。

データベースMySQL(バージョンは5.6)

データベースMySQLは主流な型で他のレンタルサーバーでも多く利用されています。
ロリポップ!レンタルサーバーでは5.6のバージョンが利用できます。

(1)ご利用できる料金プランについて

ライトプランは1個、スタンダードプラン30個、エンタープライズプラン100個の
ご利用が可能です。

(2)言語について

utf-8(MySQL4.0はEUC-JP)

(3)MySQLデータベースの容量について

ロリポップ!レンタルサーバーの場合はディスク容量にデータベースの容量が含まれているという説明があります。

データベースの利用にはデータベースの容量が決められているレンタルサーバーがあります。この部分をきちんと

説明されているレンタルサーバーは少ないですが、データベースにはデータべースの容量を超えるとトラブルが起きる場合もあります。

ロリポップ!レンタルサーバー以外のレンタルサーバーを選ぶ際にもデータベースの容量が記載されているところのほうが安全です。

(4)MySQLデータベースのストレージエンジンについて

ロリポップ!レンタルサーバーでご利用ができるMySQLのストレージエンジンではMyISAMとInnoDBがご利用できます。

この部分に関してですがロリポップレンタルサーバーのデータベースを

(1)ロリポップ!レンタルサーバーの
ユーザー管理パネルでの項目:データべースを作成するという項目でデータベース作成をする

(2)ロリポップ!レンタルサーバーの
ユーザー管理パネルでの項目:自動インストール時にデータベースを新規作成で作成する

(1)と(2)の場合ではMyISAMとInnoDBの選択は出来ません。

ロリポップレンタルサーバーのwordpressの場合はInnoDBが利用されています。

MyISAM あらゆるアプリケーションに対応出来る
InnoDB 検索が高速であり、更新よりも参照の頻度の高いWebアプリケーションなどで活用

MyISAMとInnDBについてウィキペディアでの補足
InnoDBストレージエンジンは、オープンソースソフトウェア企業の
Innobase社が開発したストレージエンジンであり、

高い堅牢性とMVCCによる高い並列性を兼ね備えており、
あらゆるアプリケーションに対応出来る人気のストレージエンジンとなっている。InnoDBはメディア障害時の更新ログによるリカバリもサポートしている。

また、InnoDB登場以前から搭載されているMyISAMストレージエンジンも
検索が高速であり、更新よりも参照の頻度の高いWebアプリケーションなどで活用されている。全文検索が利用できるのも、MyISAMの利点である。

以前はMyISAMの方が高速であると言われることが多かったが、
InnoDBの性能改善が進んだことから、高速性を求めるためにMyISAMを
利用するということも減ってきている。

(5)MySQLのご利用方法について(自動インストールの場合)

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー管理パネルの項目に自動インストールという表示があります。

その自動インストール機能ではWordPress、EC-CUBE、baserCMSという3種類のホームページの外観を構築できるプログラムのインストールが

おこなえますが、その設定の際にMySQLのご利用があります。

インストール手続きをおこなう内容の中にデータベースの新規自動という項目があります。
新規自動を選択するとデータベースMySQLが自動で作成されます。

自動作成の利点
・データベース名を決めなくて良い
・接続パスワードを決めなくて良い
・接続パスワードが必要な場合は確認が出来る

(6)MySQLのご利用方法について
(ご自身でデータベースの作成をおこなう場合)

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザー管理パネルの項目に
データベースという表示があります。

その機能でデータベースの作成・データベース名の設定・接続パスワードの
設定などがご利用になれます。

手動作成の利点
・データベース名を決められる
・接続パスワードを決められる
・接続パスワードが必要な場合は確認が出来る
・ご自身で作成したPHPプログラムとデータベースを連動させる場合など
・自動インストール以外で利用できるCMSと連動させる場合など

以下のCMSについてはロリポップレンタルサーバーのマニュアルに設置説明の記載があります

XOOPSの設置
OpenPNE3の設置
concrete5の設置
Drupalの設置
CakePHPの設置

10日間無料ロリポップレンタルサーバーへのお申し込み、アクセス

このロリポップレンタルサーバー専門情報サイトは、2017年12月からロリポップレンタルサーバーの料金プラン、スタンダードプランでwordpressの自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップレンタルサーバー公式サイトへの
アクセスや10日間無料のお申込みは下のリンクをクリックしてください。
ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップレンタルサーバーにお申し込みをおこなうと10日間無料でお試し利用が出来ます。

この10日間のお試し期間中に

独自ドメインの設定やWordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapのインストールから表示のテスト、実際の投稿などの操作も可能、その他、通常のホームページの表示、メールアドレスの作成も可能です。

10日間以内に料金をお支払いになることで引き続きご利用が可能です。

また10日間以内にお支払いをされない場合も自動で解約になるシステムなので安心してご利用ができます。

おすすめページ
ロリポップ!専門サイトの申し込みからログインまで注意点の解説ページ

ムームードメインメールに利用をしている独自ドメインを元に戻す方法

ロリポップ!ムームードメインで