ロリポップ!独自ドメイン公開フォルダ名を未設定のままWordPressをインストール(実験)

(1)ページに記載されている内容
ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーの独自ドメインを設定をおこなう際に
公開フォルダ名の入力項目がありますが、
その公開フォルダ名の入力は本当に重要なのかを確かめます。

そのためロリポップレンタルサーバーの
独自ドメイン設定時に公開フォルダ名を決めない状態で
独自ドメインの設定を終了します。

その公開フォルダ名を決めていない独自ドメインに
WordPress(ワードプレス)のインストールをおこなうと、
どこにWordPressが表示されるかという内容です。

(2)10日間無料ロリポップレンタルサーバーへのお申し込み、アクセス
このホームページはロリポップレンタルサーバーのスタンダードプランで
独自ドメインを設定しWordPressを利用しています。

ロリポップ!レンタルサーバーは、お申し込みをおこなうと
様々な機能が利用できるお試し期間が10日間あります。
お支払いをされない場合は10日後に自動解約になります。

今回利用する独自ドメイン名:http://e-mst.net/

この独自ドメインはあくまで実験で利用しますので、
実験終了後はインストールをおこなったWordPressを削除します。

この実験から数か月後に、このhttp://e-mst.net/を
ブラウザで表示させると違う内容のホームページ(WordPress)が

表示されているかもしれません。

実験内容1:独自ドメインの設定時に公開フォルダ名を決めない

手順1:ロリポップレンタルサーバーのユーザ管理ページにログインをします。

手順2:ログインをされたら左側のサーバー管理・設定に
マウスのカーソルをあわせると独自ドメイン等が表示が出ます。
その独自ドメインという表示をクリックします。

手順3:独自ドメイン設定というページが表示されます。

手順4:独自ドメイン設定というページが表示されたら、
独自ドメイン設定という表示をクリックします。
事前にDNS(ネームサーバーともいいます)については設定をおこなっています)

手順5:独自ドメインを追加するページが表示されます。

今回は公開(アップロード)フォルダ名に何も入力をしない状態で
独自ドメインをチェックするという表示をクリックします。

手順6:公開(アップロード)フォルダのルートディレクトリという
部分が空欄の状態になっています。
そのまま設定という表示をクリックします。

手順7:独自ドメインの設定はこれで終了です。

実験内容2:WordPress(ワードプレス)をインストール

手順1:ロリポップレンタルサーバーのユーザー管理パネルの
左側のサイト作成ツールにマウスのカーソルをあわせます。

手順2:マウスのカーソルをあわせるとWordPress簡単インストール等の表示が
でますので、その簡単インストールという表示をクリックします。

手順3:WordPress簡単インストールというページが表示されます。
以下の画像はその中のサイトURLを設定する部分です。

手順4:わかりやすくするためにWordPressのタイトルを
ロリポップ!独自ドメインの公開フォルダ名を決めない状態で
WordPressをインストール(実験)」というものにします。

手順5:ユーザー名、パスワード、メールアドレスの入力、プライバシーの選択をおこない、
入力内容確認という表示をクリックします。

手順6:内容を確認したらインストールという表示をクリックします。

結果について

インストール後に確認したところ今回の実験では、
以下の2つのURLにWordPress(ワードプレス)が表示されていました。

(1)http://e-mst.net/(独自ドメイン)

(2)http://http://ssdkzys.mods.jp/(ロリポップ!ドメイン)
ロリポップ!ドメインというのはロリポップレンタルサーバーに、
お申し込んだ際のアカウントとドメインを組み合わせたものです。

ロリポップ!ドメインのみに表示されるのではないかと
思っていましたが、実際は2つのURLに同じWordPressの内容が

表示されるという結果になっています。

(1)目的のURLにWordPressがインストールできない
(2)インストールをおこなったWordPressが独自ドメインで表示されない

という目的のために実験をおこなってみましたが結果が少し違っていました。

独自ドメインの設定の際に 表示されるURL
公開(アップロード)フォルダ名を
決めない場合
http://e-mst.net/
http://ssdkzys.mods.jp/
の2つに表示がされる
公開(アップロード)フォルダ名を
決めた場合
http://e-mst.net/
の1つに表示がされる

公開(アップロード)フォルダ名は決めてからWordPressのインストールを
おこなってください。

なお、この状況から独自ドメインの方だけにWordPressを
表示させることができるかをおこなってみます。

独自ドメインのみにWordPressを表示させることができるかの追記

公開(アップロード)フォルダ名は、
フォルダなのですがWordPressのインストール後は、
WordPressのデータベースと関連ができており

後で、公開(アップロード)フォルダ名を決めて、
その中にWordpress関連のファイルを入れても

ログイン表示はされますが、ログインはできません。

もし、この状態から独自ドメインのみにWordPressを表示させ対場合は

手順1:投稿データがある場合はWordpressにログインをおこない、
ダッシュボードの左の項目の「ツール」から「アウトプット」という項目を

探してください。アウトプットで投稿などのデータをダウンロードをし保存します。

手順2:ロリポップレンタルサーバーの独自ドメインの設定をクリックし
独自ドメインの設定には再編集ができますので
公開(アップロード)フォルダ名を入力しWordpressのインストールをおこないます。

手順3:ダッシュボードの左の項目から「ツール」から「インプット」という項目を
探してください。記事等のデータを入れ直します。

10日間無料ロリポップレンタルサーバーへのお申し込み、アクセス

このホームページは2017年12月からロリポップ!レンタルサーバーの料金プラン
スタンダードプランを利用して独自ドメインの設定と
WordPress(ワードプレス)の自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップレンタルサーバー公式サイトには下ののリンクからアクセスができます。
ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップレンタルサーバーは、お試し期間中に実践的な利用が可能
ロリポップレンタルサーバーにお申し込みをおこなうと、

お試し期間中となり10日間の間は無料でご利用が出来ます。
10日間の無料期間中に独自ドメインの設定や、

WordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapのインストールから表示のテストから、
実際の投稿などの操作も可能、その他、通常のホームページの表示も可能。
メールアドレスの作成からメールの送受信も可能です。

お試し期間中におこなった内容は10日間以内に料金を
お支払いになることで引き続きご利用が可能です。

お支払いをされない場合はご自身で解約、10日間を過ぎると
自動解約になるシステムなので安心してご利用できます。