ロリポップ!独自ドメインに設定したwordpressの削除(アンインストール)方法その2

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーでwordpressのインストールをおこない、wordpressを削除(アンインストール)される場合は理由が
何パターンかに分かれるかと思います。

そのため条件別に5ページを作成します。
このページは以下の3つの条件にあてはまる方向けです。

このホームページはロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランを利用、
wordpressをインストールして作成されています。

条件1:独自ドメインの設定
独自ドメインの設定の際に公開(アップロード)フォルダを入力している。

条件2:wordpress簡単インストール利用の設定
wordpressのインストール時にサイトURLに独自ドメインを選択し、サイトURLの横の
「入力は任意です」という部分にindexなどを入力している。

wordpress(ワードプレス)削除手順

ここからはロリポップ!FTPを利用してwordpressの関連ファイルと
wordpressの関連フォルダの削除をおこないます。

(1)ロリポップ!FTPへのログイン方法
1:ロリポップ!レンタルサーバーアクセスをしてください。

2:ロリポップレンタルサーバーのログインという表示をクリックしてください。

3:ユーザー専用ページにログインをおこないます。ロリポップ!アカウントとパスワードでログインをおこなってください。

4:ユーザー専用ページにログインをおこなったら、左側に表示がされているサーバーの管理・設定にマウスのカーソルをあわせてください。

マウスのカーソルをあわせると右に表示された内容の中にロリポップ!FTPという表示がありますのでロリポップ!FTPをクリックしてください。

(2)ロリポップ!FTPの表示へ
ロリポップ!FTPが表示されます。
そうすると以下のようにフォルダ、ファイルが表示されると思います。

(3)フォルダ名をクリックします

今回はe-mst.netというフォルダ名ですが独自ドメイン設定時の
公開(アップロード)フォルダ名の入力の仕方によってフォルダ名が違います。

独自ドメイン設定時の公開
(アップロード)フォルダ名の部分
ロリポップ!FTPにログインをすると
e-mst.netと入力すると e-mst.netというフォルダがあります
(今回はこちら)
webと入力すると webというフォルダがあります
hpと入力すると hpというフォルダがあります

e-mst.netのフォルダをマウスでクリックすると
indexというフォルダがあります。

(4)さらにフォルダが表示されます

今回はindexという名前のフォルダですがwordpressの自動インストール時に
サイトURLの「入力は任意です」の部分の入力の仕方によってフォルダ名が違います。

wordpressの自動インストール時に
サイトURLの「入力は任意です」の部分
e-mst.netのフォルダを
マウスでクリックすると
indexと入力すると indexというフォルダがあります
(今回はこちら)
webと入力すると webというフォルダがあります
hpと入力すると hpというフォルダがあります

(5)index(例)フォルダごと削除をおこないます
例としてindexというフォルダはwordpressのインストール時にサイトURLの任意ですという部分でindexと入力をおこなったために生成されたフォルダです。

そのindexというフォルダの中にはwordpress関連ファイルとwordpress関連フォルダのみが
入っているため、indexというフォルダごと削除をおこないます。

1:今回、矢印が指している部分がindexになっていますが、削除をおこないたいフォルダの前に□がありますので□をマウスでクリックし✓を入れた状態のままにしてください。

2:次にゴミ箱のマークがありますので、ゴミ箱のマークをマウスで
クリックすると削除されます。

もしくは下に削除するという表示がありますので削除をするをクリックしてください。

(6)WordPress関連ファイルとWordPress関連フォルダの削除完了
WordPress関連ファイルとWordPress関連フォルダの削除完了されました。
その後は、ユーザー専用ページに戻りデータベースの削除をおこないます。

データベースの削除手順

WordPressの自動インストールをおこなった際に設定をおこなったデータベースの削除も、
おこないます。面倒だと思いますが画像付きで説明をおこなっていますのでおこなってみてください。

(1)ロリポップ!レンタルサーバーへのログイン
ロリポップ!レンタルサーバーレンタルサーバーのユーザー専用パネルに
ログインをします。ユーザー専用パネルにログインをおこなっている場合はそのまま(2)へ

(2)簡単インストールのページでデータベース名を
確認するため履歴を見ます

ユーザー専用ページの左側にサイト作成ツールという表示がありますので、
そちらにマウスのカーソルを合わせてください

右に表示されたWordPress簡単インストールをクリックしてください。

WordPress簡単インストールのページでデータベースの履歴部分を拡大
上記のwordpressをインストールされた際に使用しているデータベース名が記載されていますと表示されている部分を拡大したのが、以下の画像です。

今回の場合のデータベース名は「LAA0981353-ik1byu」と記載されています。

なお、ご覧になれてる方によってデータベース名は「」違います。

(3)データベースのページへ
データベースを削除します。ユーザー専用ページの左側に表示がされている
サーバーの管理・設定にマウスのカーソルをあわせてください。

マウスのカーソルをあわせると右に表示された内容の中に
データベースという表示がありますのでデータベースという表示クリックしてください。

(4)データベースのページ
削除をおこなうデータベース名を確認した上で
操作をするという表示をクリックしてください。

(5)データベースのページ、その2
データベースの削除をおこなえるページが表示されます。
データベース削除という表示をクリックするとデータベースが削除されます。

以下のメッセージが表示されますので「OK」という表示をクリックされてください。

これでwordpress関連の削除はすべて終わりました。お疲れさまでした。

ロリポップ!レンタルサーバーへのお申し込みやアクセスはこちらから
ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト
このホームページはロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランを利用しています。
今後もロリポップ!レンタルサーバーを利用しながら関連情報を
追加していきます。