ロリポップ!レンタルサーバー評価 転送量の計算と説明

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーでは
エコノミープランの転送量が1日40GB、
ライトプランの転送量が1日60GB、
スタンダードプランの転送量が1日100GB、
エンタープライズプランの転送量が1日無制限と記載されていますが、

実際どのような容量になるのかを大雑把ですが仮定して説明をさせていただいています。

ホームページについて
このホームページはロリポップレンタルサーバーの料金プラン、スタンダードプランを契約、wordpressの自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップ!レンタルサーバーは2015年12月15日に
転送量を大幅に変更しています

この度、エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプランにおきまして、1日あたりの転送量制限を大幅に緩和いたしました。

これまでモジュール版PHPや同時アクセス数拡張など、アクセス集中時にも快適にご利用いただける機能をご提供いたしました。さらに、今回実施した転送量制限の大幅な緩和によって、より自由度の高いWEBサイトを運営していただけるようになります。

各プランの1日あたりの転送量制限は以下となります。

・エコノミープラン :  1GB →  40GB
・ライトプラン   :  5GB →  60GB
・スタンダードプラン: 10GB → 100GB
※エンタープライズプランは無制限です。

ロリポップ!レンタルサーバーの転送量の説明と計算

計算をおこなうために1GBをKBに直すと
1GB=1000000KB
1GB=1048576KB
KBに直す方法は2通りあるのですが少なく見積もりたいので1GB=1000000KBを選択します

例としてこちらの容量で計算をしたいと思います

例としてロリポップ!レンタルサーバーを利用して作成した

テストホームページがありますがhttp://test-x.work/

トップページの容量は778KBです。

表示にかかる転送量(閲覧者側からの要求)

ロリポップ!レンタルサーバーを契約してホームページを作成し、それをインターネット上で表示をさせていたとします。
そのホームページを閲覧者が見た場合、ブラウザ(internetexplorerやchrome)などは

ロリポップ!レンタルサーバーにホームページを表示させるためのリクエストを行います。
そのリクエストを受けて該当をするロリポップレンタルサーバーのサーバーは閲覧に

必要なデータを閲覧者のブラウザ(internetexplorerやchrome)に送ります

転送量とはその時のHTMLファイルや画像ファイルの容量を指します。

作成や更新にかかる転送量(ホームページ提供側)

HTMLファイルや画像ファイルをロリポップレンタルサーバーのサーバーに
データを送ります。この際に送ったデータの容量も転送量に含まれます。

このホームページ提供側が1日に新しいページを10ページ(多めに仮定)作成したとします。

1ページあたり778KBとして10ページを7780KBと仮定します。

メールの送受信も転送量に含まれるようですが今回は省かせていただきます。

エコノミープランの場合

1日の転送量が40GBです。40×1,000,000KB=40,000,000KBになります。

40.000,000KB÷778KB=51413.8817481

四捨五入をすると51413回になります。ホームページ作成分として10回分
(7780キロバイト)を引きます

51413回‐10回=51403
トップページのみの表示分になりますが計算上の表示回数は

1日あたり51,403回までになります。

ライトプランの場合

1日の転送量が60GBです。60×1,000,000KB=60,000,000KB

60.000,000KB÷778KB=77120.8226221

四捨五入をすると77121回になります。ホームページ作成分として10回分を
(7780キロバイト)を引きます

77121回‐10回=77111
トップページだけの表示回数になりますが計算上の表示回数は

1日あたり77,111回までになります。

スタンダードプランの場合

1日の転送量が100GBです。100×1,000,000KB=100,000,000KB
100,000,000KB÷778KB=128534.704

四捨五入をすると128,535回になります。10回分をホームページ作成分として
(7780キロバイト)を引きます

128,535回‐10回=128525
トップページだけの表示回数になりますが計算上の表示回数は

1日あたり128,525回までになります。

*エンタープライズプランについては転送量が無制限と記載されていましたので
説明はありません。無制限の場合は制限がないという意味です。

結果について

転送量から表示回数を各料金プラン事に計算をしてみましたが、インターネット上でもロリポップレンタルサーバーを利用した場合、どれくらいのアクセス数に耐えられるかというのを調べてみています。

(1)ライトプラン、スタンダードプランの場合は月間50万アクセスの場合は無理がある
(2)エンタープライズプランの場合は月間100万アクセスの場合は無理がある
という情報から

ライトプラン、スタンダードプランの場合だと月間30万~40万アクセスぐらい、
エンタープライズの場合だと月間70万~80万アクセスぐらい
が妥当だと思います。

(1)と(2)についてですがwordpress(ワードプレス)を利用した内容だと思いますが、
仮にロリポップレンタルサーバーをご利用されアクセス増大のエラーが発生した場合は
wordpressだと記事などのデータを違うレンタルサーバーのwordpressに移行することも可能です。wordpress(ワードプレス)のデータを移行する方法はこちら

10日間無料ロリポップレンタルサーバーへのお申し込み、アクセス

このロリポップレンタルサーバー専門情報サイトは、
2017年12月からロリポップレンタルサーバーの料金プラン、スタンダードプランでWordPressの自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップレンタルサーバーはお試し期間中に実践的な利用が可能
ロリポップレンタルサーバーにお申し込みをおこなうと10日間無料でお試し利用が出来ます。
この10日間のお試し期間中に独自ドメインの設定やWordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapのインストールから表示のテスト、

WordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapを利用した実際の投稿などの操作も可能、
その他、通常のホームページの表示も可能。

メールアドレスの作成から実際のメールの送受信も可能です。
10日間のお試し期間中におこなったメールアドレスの作成、WordPressなどの

設定や表示等の内容は、
10日間以内に料金をお支払いになることで引き続きご利用が可能です。

ご利用をされない場合は10日間のお試し期間中にご自身で解約手続きをおこなうことも可能です。また、10日間以内にお支払いをされない場合も、
自動で解約になるシステムなので安心してご利用ができます。

ロリポップレンタルサーバー公式サイトへのアクセスや
10日間の無料お試しのお申し込みは下のリンクをクリックしてください。
ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!専門サイトの申し込みからログインまで2018年度