ロリポップ!独自ドメインWordPress(ワードプレス)インストール方法の説明

ロリポップ!レンタルサーバーでは独自ドメインを利用したWordpress(ワードプレス)の自動インストールが可能です。独自ドメインを利用したWordpressインストールの手順をご紹介しています。

手順1:独自ドメインの設定方法
独自ドメインサービス側の設定、ロリポップレンタルサーバー側の設定を
両方おこないます。

ロリポップ!ムームードメインで取得した独自ドメインの設定方法(おすすめ)

ロリポップ!お名前ドットコムで取得した独自ドメインの設定方法(おすすめ)

独自ドメインの設定後は「独自ドメインを利用したメールアドレスの作成手順
移動されてください。

既に上記の手順1までを終えたと仮定して下の内容にすすみます。

独自ドメインを利用してWordpressを作成するため

WordPressの作成ページに移動をおこないます。
独自ドメインの設定後を終えてから10分ほど経過してからおこなってください

独自ドメインを利用したWordpress(ワードプレス)の作成手順

手順1:公式ページにアクセスをします

ロリポップ!レンタルサーバーにアクセスをし、

(1)「ログイン」という表示にマウスのカーソルをあわせます。
(2)カーソルを合わせると以下の項目が表示されます。

ユーザー専用ページ
ロリポップ!WEBメーラー
ロリポップ!FTP
「ユーザー専用ページ」をクリックしてください。

手順2:ユーザー専用ページにログイン

ロリポップレンタルサーバーの申し込みで、

(1)申し込み時に決めたアカウントと選択をおこなったロリポップ!ドメイン
例としてadomaru(アカウント) boo.jp(ロリポップ!ドメイン)

(2)申し込み時に決めたパスワードを入力して
「ログイン」という表示をクリック。

手順3:ユーザー管理パネル

(1)ユーザー管理パネルから左に表示がされてある「サイト作成ツール」
マウスのカーソルを合わせる

(2)右に表示がされた「Wordpress簡単インストール」をクリック

WordPress簡単インストールの設定手順

WordPress簡単インストールページが表示されます。
ここからは画像を部分的にわけて説明をさせていただきます。

手順1:サイトURLについて

サイトURLについては選択になります。
こちらの利用状況を例としてご覧ください。

*この説明ページ自体ですがロリポップレンタルサーバーに、

再度お申し込みをおこない新しいロリポップ!ドメインでおこなっています。

こちらの利用に関しては、
ロリポップ!ドメインと独自ドメイン1個(test-x.work)のみです。

(1)サイトURLの解説:
インストールをおこなうドメインの選択をおこないます。

(例)test-x.work(通常はこの独自ドメインのみの表示を選択)
wwwがついていない表示パターンです。
wwwをつけないのが主流です。wwwがついていない独自ドメインを選択してください。

(例)www.test-x.work
wwwは表示パターンの一種と考えてください。
wwwを利用してURLにされている方は、ほぼいないと思います。

(例)adomaru.boo.jp
ロリポップレンタルサーバーにお申し込みをされた際に、
入力をされたアカウントと選択をおこなったロリポップ!ドメインです。

本格的に運営をおこなう場合は、
ロリポップ!ドメインより独自ドメインの方が色々と有利です。

(2)サイトURLの解説:
「入力は任意です」という部分は、そのままにしてください。

入力をおこなうとWordpressのURLが、
(例)http://test-x.work/(入力をおこなった文字)になります。

WordPressを利用したホームページで、

(例)http://test-x.work/(入力をおこなった文字)を利用されている方は、
ほぼいないと思います。

手順2:利用データベースについて

はじめてデータベースを利用する場合は新規自動作成のみ選択できます。

(1)新規自動作成を選択の解説:
新規自動作成を選択すると、データベースを新しく作成してくれます。

WordPress(ワードプレス)を新しくインストールされる場合は
新規自動作成を選択してください。

メリット
データベースの名前やパスワードをご自身で決めなくても良いので、
パスワードを覚えておく必要がありません。

デメリット
新規自動作成の場合は文字をランダムに決めてますので、
データベースを複数利用した時、データベース一覧から見た際に

どのデータベースをどのWordpress等に利用されているかは
分かりにくくなります。

しかしWordpress等の自動インストールは履歴が表示されます。

(2)ご自身で作成したデータベースの選択の解説:
ロリポップレンタルサーバーではユーザ管理ページに

ログインをされた際に左部分に
サーバー・管理という項目にマウスのカーソルを合わせると

データベースという項目があります。

データベースを手動作成すると、wordpressの自動インストールの際に、
データベースの選択部分でえらぶことができます。

メリット
データベース名を自分で決めることができますので、
複数のデータベースを利用した場合、
データベースの削除等をおこなう場合はわかりやすいかと思います。

またデータベースの手動作成は自動インストール以外のプログラムと
連動させるためにも利用します。

デメリット
ご自身で作成されるのでパスワードを決めたりしなければなりません。

(3)既に作成されているデータベースを選択の解説:
既に作成されているデータベースもこの選択部分では表示されます。
1回目のWordpressの自動インストール時に新規自動作成を選ぶんだ際に、

例としてLAA0916848-9f0h60というデータベースが作成されたとします。
このLAA0916848-9f0h60というデータベースも選択に表示されます。

メリット
1回目のLAA0916848-9f0h60というデータベースを
2回目のwordpressの自動インストール時に利用することもできます。

1つのデータベースに複数のWordpressをインストールし、
同時に投稿や設定をおこなってみましたが問題はありません。

デメリット
基本的には同じデータベースの利用はおすすめしません
データベースの中身が複雑になり、処理速度が落ちる可能性があるためです。

処理速度が落ちると表示スピードも遅くなる可能性もあります。

手順3:wordpress(ワードプレス)の設定について

ここからはWordpressの設定に入ります。

管理で変更が可能という記載がある場合は、
インストール後にwordpressにログインを行え管理画面で変更が可能です。

サイトのタイトル (管理で変更が可能)
GoogleやYahoo等の検索エンジンで検索を行った際に表示されるタイトル部分にもなります。

ユーザー名(管理で変更が不可)
Wordpressの管理画面にログインを行う際に使用されます。
ユーザー名のメモをとってください。

パスワード (管理で変更が不可)
Wordpressの管理画面にログインを行う際に使用されます。
パスワードのメモをとってください。

メールアドレス (管理で変更が可能)
Wordpressに関することがメールに届きます。受信ができるメールアドレスを
入力してください。パスワードのメモをとってください。

GmailやYahooメールでも問題ありません。

プライバシー (管理で変更が可能)
GoogleやYahoo等の検索エンジンで検索を行った際の表示結果に、
トップタイトルや投稿タイトルを表示させるかという部分です。

GoogleやYahooの検索エンジンからのアクセスが欲しい方は
検索エンジンによるサイトのインデックスを許可するにチェックを入れてください

通常この部分には「✓」を入れます。

入力内容確認をクリック
各項目で入力内した内容を確認してから「入力内容確認」という表示をクリック。