ロリポップ!ドメインと独自ドメインの違いについて

このロリポップレンタルサーバー専門情報サイトも
ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーを

利用し独自ドメインを設定、ホームページの表示に利用をしています。
初めてのレンタルサーバーの利用がロリポップレンタルサーバーだった場合、

ロリポップレンタルサーバーのユーザー専用ページ内でも
独自ドメインという言葉が出てきますが、

ロリポップ!サブドメインと独自ドメインの違いが、
いまいちわからないかもしれません。

話が長いのですが、すべてのレンタルサーバーにも共通されている話で、
知っておくと他のレンタルサーバーを利用する際にも応用もできます。

ロリポップ!サブドメインと独自ドメインについて

ここから下ではロリポップ!ドメインと独自ドメインの
メリット、デメリットに分けて違いと利用方法について説明をしています。

ロリポップ!ドメインとは?

ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバーでお申込みをされる際に
ドメインを選択をするわけですが、

これがロリポップ!ドメインと言われるものです。
ロリポップ!ドメインは別名だとサーバードメインとも呼ばれます。

例として、こちらがロリポップ!レンタルサーバーを利用する際に申し込んだ内容
このホームページもロリポップレンタルサーバーを利用しています。

こちらが申し込んだ際のロリポップアカウント名とロリポップ!ドメインは
アカウント名:ssdkzys ロリポップ!ドメイン:mods.jpです。

お申し込んだアカウント名とロリポップ!アカウントをそのまま利用すると
ホームページのURLは http:ssdkzys.mods.jp
メールアドレスは ▲▲▲@ssdkzys.mods.jpとなっています。

ロリポップ!ドメインのメリット

(1)別途で費用が発生しない
ロリポップ!ドメインは契約料金の中に含まれていると考えてください。
ロリポップ!ドメイン自体に費用がかかることがなく、
ホームページの表示をさせる、メールアドレスを作成させることができます。

(2)設定が必要ない
お申し込んだアカウント名とロリポップ!ドメインを
そのまま、ホームページのURLとメールアドレスに利用できます。

ロリポップ!ドメインのデメリット

(1)利用ができるアカウントに限界がある
ロリポップ!レンタルサーバーから提供されている
ロリポップ!ドメイン以外を利用できません。

(2)Googleアドセンスの広告審査が通らない可能性
ロリポップレンタルサーバーの場合はロリポップ!ドメイン(サーバードメイン)ですが、
サクラのレンタルサーバー、エックスサーバー等にも

無料で利用ができるサーバードメインがあります。
Googleのアドセス広告を掲載させたい場合、1度審査を受けなければなりません。

その際に、サーバードメインを利用しているホームページだと
審査に落ちる確率が高いのではないかと言われています。

*審査にはページの数とページの内容(違反がないか、充実をしているか等)も
含まれます。

(3)レンタルサーバーを移転した際にURL等も変更になる
他のレンタルサーバーの方が機能が
良くて費用が安く済むため移転させたいという場合、

ロリポップ!ドメインを利用したURLだと、URLを維持したまま
他のレンタルサーバーに移転ができません。移転となればURLが変更になります。

ロリポップ!ドメインで表示されている各URLのページに
フェイスブック等のいいねが数件押されていたり、

ページのURLがツィートされている場合、
URLが変更になると、いいねなどが0件、ツィートもされていない状態になり

検索エンジンからの評価が下がります。
そのため検索順位が下がる可能性も大きく考えられます。

(4)ロリポップ!ドメインの場合はSSL化ができない
ロリポップ!ドメインを利用したホームページの場合、SSL化が利用できません。
SSL化とは簡単に言うとセキュリティの強化のための暗号化です。

(4-1)支払いをおこなう
(4-2)会員登録をおこなう

上記の行動をおこなうホームページに必要なことですが、
2018年8月からGoogleではSSL化をおこなっているホームページの方が

検索結果に有利になるという方針になりました。
このSSL化は情報を配信されるホームページにも適用されるようで

こちらがSSL化をおこなった後は、平均的なアクセス数はあがっています。
*独自ドメインのSSL化の話は、独自ドメインのメリットに記載しています。

独自ドメインとは?

独自ドメインは、ロリポップ!ドメインとは
別に独自ドメインを取得・管理をおこなっているサービスから
ドメインを取得(購入)をします。

この独自ドメインを取得・管理をおこなっているサービスは沢山あります。
また独自ドメインはドメインとも言われます。

*上記の画像で取得できませんという表示がありますが、こちらがssdkzys.net
取得をしているためです。

こちらが取得(購入)している独自ドメイン名 ssdkzys.net
アカウント名:ssdkzys ドメイン名:net

独自ドメインを利用すると
ホームページのURLは http:ssdkzys.net
メールアドレスは ▲▲▲▲@ssdkzys.netなどになります。

独自ドメインのメリット

(1)URLを変えない状態でレンタルサーバーの移転が可能
独自ドメインを設定したホームページやメールアドレスの場合、
ロリポップレンタルサーバーとの契約を解約して

他のレンタルサーバーと契約されても、独自ドメインの設定が
おこなえる環境であればURLやメールアドレスを変更しなくても済みます。

独自ドメインで表示されている各URLのページにフェイスブック等の
いいねが数件押されていたり、ページのURLがツィートされている場合でも、

URLは変わりませんので評価を維持でき、検索エンジンからの
検索順位の変動がありません。

ただ移転される場合、移転先のレンタルサーバーの質として
ホームページの表示速度が遅い場合は順位が下がる可能性もあります。

(2)SSL化をおこなうことができる
ロリポップレンタルサーバーでは独自ドメインの設定をおこなうと
SSL化をおこなうことができます。

ロリポップレンタルサーバーの場合、SSL化は無料版、有料版と
ありますが無料版でもSSL化の対応をしているホームページとして

Googleでは判断されます。こちらは無料版のSSL化を利用しています

SSL化はお早めに
独自ドメインを取得した場合は、ロリポップレンタルサーバーで利用ができる
無料版のSSL化で良いので早めにおこなってください。

SSL化をおこなうとhttp://からhttps://に変更されます。

SSL化を早めにおこなう理由
例ですが、
http://ssdkzys.net/lolipop-mumu-domain/というページは

フェイスブックからのいいねが16件ありましたが
SSL化をおこなったことによって

https://ssdkzys.net/lolipop-mumu-domain/というページは
いいねが0件になり、検索順位が少し下がっています。

ホームページ全体のアクセス数は上がったので成果は出ていますが

SSL化を早めにおこなって、SSL化をされたURLのページでいいね等が押される
可能性を狙ったほうが検索エンジンの上位を維持できます。

(3)ホームページを複数表示させることができる
追加という形でホームページを増やせます。
レンタルサーバーに独自ドメインを設定をすることで、

ロリポップ!ドメインとは別々のホームページを
表示させることができます。

こちらの場合、スタンダードプランを利用していますので
独自ドメインは100個まで設定が可能ということで

100個のホームページを作成、表示ができますが
1つのホームページの容量を考えないといけません。

http://ssdkzys.net/(独自ドメイン使用)ロリポップレンタルサーバー専門情報
http:ssdkzys.mods.jp(ロリポップ!ドメイン使用)ロリポップレンタルサーバー模擬テスト:ライト版

*模擬テスト版は現在表示されません。

(4)Googleアドセンスの広告掲載許可が通る可能性
ロリポップ!ドメインのデメリットで紹介をしていますが、
独自ドメインの場合はメリットになります。

独自ドメインの方が本格的に運営がされていると判断され審査が通りやすくなります。
審査にはページの数とページの内容(違反がないか、充実をしているか等)も
含まれます。

独自ドメインのデメリット

(1)独自ドメイン取得する際に費用がかかます
独自ドメインは取得(購入)をおこないます。
ロリポップ!レンタルサーバーとは別に独自ドメインの取得という行為をおこないます。

取得については初期費用と考えてください。

先ほどの画像はムームードメインと呼ばれる独自ドメインが取得(購入)できる
サービスの一部分でinfoというアカウントは199円になっていますが、

初回年が199円で、2年目からは1,000円以上かかる仕組みです。

comやnetというドメインがホームページには主流で費用も高額ではありません。

毎年にかかる費用として(例)合計8,360円(税別)
独自ドメインの1つの費用 comの場合年間1,160円(税別)
ロリポップレンタルサーバーのスタンダードプランの場合、1か月契約×12回の場合年間7,200円(税別)

*スタンダードプランの場合、1か月契約、3か月契約の場合は月600円(税別)
6か月、12か月、24か月、36か月の契約の場合は割引で月500円(税別)

*独自ドメイン場合、独自ドメインが取得できるサービスによって
価格が違う、またはドメイン(com、net、info、jpなど)によって価格が違います。

(2)独自ドメインを取得されると個人情報が検索できる仕組みになる
独自ドメインを取得している方は住所・氏名などの個人情報を公開しなければいけません。

この理由はホームページを利用した犯罪が起きたことなどを想定されています。
独自ドメインの所有者が誰かわかることによって犯罪抑止や早期解決につながります。

しかしサービスよっては住所・氏名などの個人情報の公開を代行(無料)してくれます
代行というのは、

例として独自ドメインが取得できるムームードメインを例にすると、
ムームードメインの会社の住所と会社の電話番号などを

個人情報の代わりに無料で表示してくれますが、
代行が有料の独自ドメインサービスもありますので気を付けてください。

(3)独自ドメインを利用する際に設定が必要です
ロリポップレンタルサーバー以外のレンタルサーバーでも
ホームページやメールアドレスに独自ドメインを利用するためには、

(1)独自ドメイン取得(購入された)サービス(例:ムームードメイン)
(2)レンタルサーバー側(例:ロリポップレンタルサーバー)

上記の2箇所の設定が必要です。
例としてムームードメインとロリポップの設定方法を紹介しています。

10日間無料ロリポップレンタルサーバーへのお申し込み、アクセス

ロリポップ!レンタルサーバー
このホームページは2017年12月からロリポップレンタルサーバーの
料金プランスタンダードプランを利用して独自ドメインの設定と
WordPress(ワードプレス)の自動インストールをおこないページを作成しています。

ロリポップレンタルサーバーはお試し期間中に実践的な利用が可能
ロリポップレンタルサーバーにお申し込みをおこなうと10日間無料でご利用が出来ます。
この期間中に独自ドメインの設定やWordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapの
インストールから表示のテスト、

WordPress・EC-CUBE・baserCMS・Bootstrapを利用した実際の投稿などの操作も可能、
その他、通常のホームページの表示も可能。

メールアドレスの作成からメールの送受信も可能です。
お試し期間中におこなった内容は10日間以内に料金を
お支払いになることで引き続きご利用が可能です。

お支払いをされない場合は自動解約になるシステムなので安心してご利用できます。